作者紹介

 

木片から一つの食器を削り出すことはとても興味深く
いつまでやっても飽きることはありません。

背中を丸めたまま長時間同じ姿勢でいると
気がついたときには体がミシミシ言っています。

時空を漂うような感覚。
仏像彫り、、ではありませんがそれに近いのかもしれません。



東京の出身ですが、若い頃に横浜に移って
木工加工やアンティーク家具の修復修理の仕事をはじめました。

しばしば事業所も移りながら自分なりの個性が組み立てられ、
作る品物もそれに倣ってきていると思います。


作り上げる品物は派手に目を引く品はありませんが
シンプルで飽きのこない形状かと思っています。

ひとつずつ心をこめて製作しております。

各地出展の際には手に散ってご覧いただければ幸いです。

10392365_1500663140175919_2132549392101611443_n.jpg
焦らず そして 自分らしく

志村誠