お知らせと日記

2019-09-29 17:29:00

今日29日は上野の宋雲院「テラデマルシェ」へ

作品の搬入に行ってきました!!

IMG_3073.jpg
 

到着前に近くの本格カレー屋さんで食事したのですが

まあ量があって食べきるのにちょい苦労しました。

あの「ナン」ってやつは後半きついですね。

ライスにすればいいのに

わかっちゃいるのに「ナン」を選択してしまう俺。

IMG_3072.jpg

 

テラデマルシェではすでに他の作家さんの作品がずらりと搬入されておりました!!

「おーー!」

みなさん小物が多いのかコンパクトなのに対して

自分は結構な量を持ってきてしまいましたがどうか許してください^^;

 

さていよいよ来週10/1〜6日は「雑貨と手習いの市」ということで

久しぶりのテラデマルシェでのイベントです!

まずは天気ですね、室内なので雨も大丈夫なのですけど

やっぱり晴れがいい!!!

どうか好天に恵まれますように!

 

細かいところ説明など少し付け足しさせていただいて

宋雲院「テラデマルシェ」を後に。

せっかくなので周辺散策。

IMG_3076.jpg

路地小路。

神社。

猫。

喫茶店。

疲れました。

IMG_3083.jpg

時間も遅くなり、予定の美術館は来週に回すことにしました。

IMG_3086.jpg

 

余談ですが

テラデマルシェの宋雲院ではなんと「婚活」イベントも行っているそうで、すごく良いなと思いました。出会いがない出会いがない、、なんて言葉をよく耳にします。

ぼくはお寺はもっと身近であるべきとずっと思っていましたから、なんだか心温まるイベントに感じました。

IMG_3074.jpg

入り口の黒板最左に記した「カレーパン博覧会」が気になって

右の言葉が薄れてしまうのは僕だけではないはず^^;

 

 そして「来週はテラデマルシェ週間」。

5・6日は「桜の箸作り」WSでここにいます。

ときどき中をうろうろしていたり近所を散策していることと思います。

よろしくお願いいたいます。

2019-09-23 09:04:00

この連休中に小田原に行きまして
小田原城プロジェクションマッピングを観てきました。

開催は夜なので城周辺を散策。

IMG_2989.jpg
もちもちっとした食感にオリジナルカレー
&オリジナルタピオカドリンク

 

IMG_3008.jpg
この日のお土産



小田原周辺は5年前に一度自転車で来ているので土地勘は少しある。
神社やカフェや雑貨店などまわる中、駅でゲットした地図中に
「大川木工所」というところがあり、挽物ということもあって

せっかくだからちょっと覗いていこうかな、
な気持ちで行ってみることにしました。


工房とショウルームが隣接しています。
展示品をみているとお店の方が入っってきて説明をしてくれます。

まず、自身もターニングで食器を作っていることを述べ
お話を聞いていると、通りかかるご主人(挽物職人さん)を紹介していただきました。

この日閉じている工房にお招きいただき(お休みのところ恐縮です)いろいろ
お話をしてくれました。ありがとうございました。

 

IMG_2981.jpg

・日本の挽物にしても土地によって工法が様々であること

・製作中の危険感

・ターニングと挽物のくわえ方の違い

・正逆転について

・とにかくバイトの種類が豊富

工房は外からだとわからないのですが中に入ると世界が広がります。
特に木工をやっている人にとっては宇宙のよう。
治具の多さに歴史と製作の喜び、そして苦労が読み取れます。

私の話ですが、25年間箱物・椅子など家具をやってきて食器をはじめて5年。
手削りでお皿を作ってきてターニングを始めて1年。

どうしてもうまくいかない点も多々ありでいつも悩んでいる点が
今日のお話で少しほぐれつつあります。

知ったところで早速うまくいくかというと、そんなことはないことはよくわかっています。
ある程度形になってからが長い道のり。

ひとりで(独学)やることの限界。
人に聞くことの展開。


調達しなければならない品物は何?と「どうやって?」が頭の中で交差して
思い知った心を隠して妻と小田原の街散策を再開するのでした。


※木工挽物
回転軸に木を固定して、刃物を当てて外周や中身を削って
お椀などの丸物を製作する工法です。


「大川木工所」さま
突然お邪魔して失礼いたしました。
こちらがホームページになります。
http://okawa-mokkoujo.com/

2019-09-16 20:10:00
IMG_2965.jpg

家で使っている漆仕上げの匙です。

どのくらいでしょうか、2年ほどかと思うのですが

そろそろケアしようかなと思っています。

 

ほぼ毎日使っているので消耗頻度は高いほうだと思います。

素材はナラ。

生漆に黒漆を重ねて仕上げたものです。

IMG_2966.jpg

もちろんこのまま使い続けることも問題ありません。

ちょっと古くなる感じもいいものです。

 

ケア方法は周りをサッとサンディングして

1〜2回漆の塗り重ねをします。

 

これで露出した木肌を水から守ってあげます。

つるつる具合も復活して元の使用感がよみがえりますよ♫

 

お箸や匙など、当店のものであれば無料でケアいたします。

たとえばどこかの出店・出展などの際に持ってきていただければ

お預かり致します。

 

よろしければご利用ください!

 

 

1