お知らせと日記

2019-06-23 19:18:00
IMG_2054.jpg

流行りの「金継ぎ」。

割れた食器も直して使えるので

金継ぎ修復はとても良いことだと思います。

 

でも。

高いんですよね。高価なんです。金継ぎ。。

そのところは「手軽に」ではないです。はっきり言って。

 

簡単に言うと

漆をノリにして割れた食器をくっつけて

はみ出したノリの部分をきれいにして

修復箇所を装飾するんです。

そこに金を使うか、または表面をなめらかにして

仕上げ用の漆で光沢を出すか色漆を使うか。

 

普段使いのものであれば

漆に小麦粉などノリとして作用できるものを混ぜて

くっつけるだけでいいので食器の修復もぐっと敷居が低くなって

陶器が身近に感じると思います。

 

「金」とか使わなくてもいいんです。

 

かっこいいですけどね。金は。

とっておきのモノに金接ぎしてみるといいと思いますよ。

 

写真の器は25年ほど前の自作の蕎麦猪口です。

派手に割れてしまったので修復です。

すでに割れた部分は固化して使用可能な状態です。

装飾には白漆を使って見る予定です。

 

もっと手軽に食器の修復を楽しみませんか?

来年春には工房内で漆を使った器の修理ワークショップも考えています。