お知らせと日記

2019-07-16 21:01:00
IMG_2100.jpg

しかし、、

、、、、続きますね、雨模様。

 

日照時間があまりにも少ないと、あのタイ米事件を思い出す。

コメ不足は深刻だ。

 

さて、今日はウォールナットの小皿複数枚に取り掛かりました。

制作過程は次にアップいたしますね。

なかなか良い材料なので失敗しないよう製作がんばります!!!!

 

では!!

 

写真は信州のフラワーガーデンのもの。

 

 

 

2019-07-15 19:06:00
IMG_2109.jpg

先日、友人ご夫婦と一緒に温泉旅行に行ってきました。

しばらく休日らしい休日をとっていなかったので

とても新鮮な気持ちになれた旅行でした。

IMG_2184.jpg

お宿は信州渋温泉の「金具屋」さん

歴史のある温泉宿です。

IMG_2122.jpg

希望者だけですが館内のガイドツアー・源泉ツアーがあります。

もし行かれる方はおもしろいので是非参加してくださいね。

 

友人に車を出してもらって運転までお任せで。。
申し訳ないな、、と思いながらも上手な運転なので頼り切っておりました^^;

彼とはバースデーが同じなので年に一回は何かしら夫婦揃ってイベントをするんです。

IMG_2099.jpg

IMG_2183.jpg

フラワーガーデンやワイン工房、お寺巡り、食事処など楽しい2日間。

 

今回のお宿はそれなりにお値段もお張るのでそうちょくちょく泊まることはできないのですけれど、またいつか宿泊できるよう頑張って仕事しなきゃあですね笑

 

で、この一週間前にぎっくり腰になってしまったわたくし。
この旅行を境に良くなってしまいました(^^)
湯治ですね、湯治。。

 

では!、、また来れるといいな〜〜

 

2019-06-23 19:18:00
IMG_2054.jpg

流行りの「金継ぎ」。

割れた食器も直して使えるので

金継ぎ修復はとても良いことだと思います。

 

でも。

高いんですよね。高価なんです。金継ぎ。。

そのところは「手軽に」ではないです。はっきり言って。

 

簡単に言うと

漆をノリにして割れた食器をくっつけて

はみ出したノリの部分をきれいにして

修復箇所を装飾するんです。

そこに金を使うか、または表面をなめらかにして

仕上げ用の漆で光沢を出すか色漆を使うか。

 

普段使いのものであれば

漆に小麦粉などノリとして作用できるものを混ぜて

くっつけるだけでいいので食器の修復もぐっと敷居が低くなって

陶器が身近に感じると思います。

 

「金」とか使わなくてもいいんです。

 

かっこいいですけどね。金は。

とっておきのモノに金接ぎしてみるといいと思いますよ。

 

写真の器は25年ほど前の自作の蕎麦猪口です。

派手に割れてしまったので修復です。

すでに割れた部分は固化して使用可能な状態です。

装飾には白漆を使って見る予定です。

 

もっと手軽に食器の修復を楽しみませんか?

来年春には工房内で漆を使った器の修理ワークショップも考えています。

 

 

2019-06-17 19:53:00
D9QkAwWU8AIsJMT.jpg

開催日:7月21日(日)
時間:10:00〜およそ2時間(終了後に食事)
内容:スープ匙、またはバターナイフ
場所:浦賀ワンこぱん
応募方法ワンこぱんさんに連絡してください。
人数:先着8名です。
金額:3500円(材料・道具・食事全て込み)
ご応募お待ちしております!!!
持ち物:サンドペーパーを使いますので汚れても良い服装でいらしてください。
サンドペーパーを使うのでマスク。

今回は匙とバターナイフの二本立てです!ご応募の際にどちらかを指定してください。

素材はどちらも桜です。仕上げはクルミオイルを使います。

出来上がり後は恒例の「ワンこぱん」お楽しみランチプレートでお食事会も!!
ご参加! 

お待ちしております!!!

2019-06-06 06:38:00

浦賀のパン屋さん「ワンこぱん」さんが遊びに来てくれました。

 お忙しい中ありがとうございました!

 

次回のワークショップの打ち合わせや

世間話?笑、、など楽しかったです。

IMG_2011.jpg

お土産に宍戸珈琲さんのお品物をいただきましたよ(^^♪

ありがとうございます。

 

ちょっと不便なところですが

また来てくださいね!

 

※当工房施設には駐車スペースがあるのですが

いっぱいの場合は近隣のパーキングをご利用ください。

 


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...